利益を得られる商品価格

計算式を参考にしよう

商品は、基本的に仕入れ価格を原価率で割って計算することができます。
ネット上のモールに出店する場合は、手数料も含めて計算しなければいけません。
その際は原価率から手数料を引き、仕入れ価格を先ほどの答えで割ることで、適切な価格が算出されます。
この計算式はあくまでの商品価格の目安になので、あとは商品の売れ筋具合を見て細かく調整してください。

人気が高い食品は少し価格を高くし、逆に売れない食品は安くすることで、興味を持っていた人が買ってくれるかもしれません。
食品を販売する場合に限らず、どのような方法で届けるのか考えましょう。
方法次第ではいくらでもコストを削減できますが、安全にお客さんの元に届けることは絶対に妥協しないでください。

安全な食品だとアピール

ネットで食品を販売する際は、食品表示を記載しなければいけません。
食品表示については、食品表示法という法律で決まっていることです。
具体的な内容は原材料や栄養成分、添加物や賞味期限になります。
アレルギーを起こす可能性がある食材を使っているなら、その旨を記載してください。

きちんと表示することで、アレルギーがある人でも安全に食品を購入できます。
食品表示があればお客さんが食品を選ぶ際の参考になりますし、お客さんは表示を目安にして購入します。
絶対に間違いや、嘘の情報を書かないように注意しましょう。
食品表示の作業を手っ取り早く済ませるなら、ラベルシールを作るのが良い方法です。
作業の負担を削減でき、すばやくお客さんに食品を届けられます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る