準備すれば良いものとは

販売するものに合わせよう

そもそも飲食店を経営する時は、食品衛生法に基づく営業許可や、飲食店営業許可証を得なければいけないことが法律で決まっています。
この許可を持っていることで許されるのは、お客さんが食品を持ち帰ったり、お客さんの元へ配達したりすることだけです。
ネットで販売する時は、また別の許可が必要になるかもしれないのでもれなく確認してください。

例えばジャムや缶詰などの加工品を販売する時は、かん詰め又はびん詰食品製造業という許可が必要です。
お店で出しているメニューを冷凍して、お客さんに届ける商売を始めるなら、食品の冷凍または冷蔵業という許可を得てください。
きちんと必要な許可を申請していないと、違法なお店だと判断されてしまいます。

早く申請した方が良い

製造業の許可を取るためには、キッチンの設備を整えなければいけません。
設備が不足している場合は許可を申請しても受理されないので、必要であれば工事を行ってください。
ただ包装されたお菓子や飲み物を入荷して、そのままお客さんに届ける場合は許可を申請しなくても良いケースがあります。
自分で判断するのが難しいところでもあるので、わからない人は保健所に聞いた方が良いでしょう。

保健所に聞くと、確実な答えを入手できます。
その際は、お店のある地域を管轄している保健所に相談してください。
許可を申請してから、審査が終わるまで時間が掛かります。
他の準備ができても許可がなければ通販を始められないので、早めに済ませておきましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る